♪I pity the poor immigrant

ああ!そうか!
この映画は、一種の記憶装置だ。ヴェンダースの映画としてでなく、1980年代前半を知るため、忘れないための記憶装置として 》(10/7/2003)〔陸這記 crawlin’on the ground〕
『東京画』って昔観て、だせぇと思ってそれきりだったんだけど、そうやって観ればいいのか。そうかそうか。しかもなんと1983年の東京だよ。「ふぞろいの林檎たち」の。1977年と共におれにとっては坪内祐三並みに「一九八三」って書いてもいいくらいに数字に意味を感じる、あの。そのうち観よぉ。

  • つうか、奇しくもこれの前に「ベストヒットUSA」って書いてあるじゃん。おれ。