パンツの穴

鈴木則文の映画はスカトロ系の下ネタが多いような気がするけど(そんな気がするだけかも知れない)、監督には実際そういう性的嗜好があるとはおれの推測。
『聖獣学園』でのおもらしシーンは単にエロ映画だからっていうにはちゃんといやらしかった。興奮する。ああいうのは本人にその性向がないとああはならないような気がするんだが。『パンツの穴』とかの下ネタもふつうにはそういう下らないギャグということでの評価なんだろうが、それはそれとして、そういったものにも実は本人の性的嗜好が如実なんじゃないか。おれは自分のことを考えても、下ネタを好む人間てのは、やたらとそういった類を口にするタイプってのは、いやらしい妄想に同時に取りつかれてるような気がする。セクハラオヤジが下ネタを口にするのに明らかにいやらしい気持ちがあるのと実は同根。笑い飛ばしてはいても、同時にまんこはヌルヌルだし、ちんちんもヌルヌル。