マイヤ

ベストヒットUSA」を繰り返しあらためて見る。
そしたらマイヤがいい女じゃありませんか。たまりません。御蔭さんで大して見る気もなかった
「シカゴ」をレンタルするつもりになりました。近いうち見ます。
彼女のPVは衣装もメイクも忙しく替えまくりするもんだったけど、それもよく出来ててよかった。
というかそのPVの出来がいいから彼女がよく見えているのかも知れんが。それはそれで目出度い。
彼女、踊り、上手いしさあ、所作がいいんだ。身体のキレがいい。まるきりブロードウェイの人みたい。でも歌手。
あと50CENTの"P.I.M.P"がPV、そして曲がよかった。スチールドラムの音が具合いい。ゲストのスヌープ・ドッグの姿がいい。ラップがいい。トラックは誰なのかしら。
ジョン・フォガティーはソロになってもCCRと区別がつきません。全然同じです。
しかし現在のアメリカのトップ20を見てもロックとヒップホップが同時にチャートインして、交互に出て来るような感じですが、
ロック系の方にはまったく興味を惹かれなかったなぁ。唯一いいなと思ったのはサンタナで、当然のことヴェテランです。
新人さんは見てると「なんかJ-POP」みたいといった感想しか出て来ません。
タイムマシーンで出て来たKISSには感じるものがあったのに。