ロキシー・ミュージック

「サイレン」を出して一旦解散して、ジェリー・ホールにフラレてボロボロになって、
「ベールを脱いだ花嫁」を作るに際してアメリカの名うてのスタジオ・ミュージシャンと組むことになり
そんなのは初めてで、緊張して怖いぐらいだと言っていたブライアン・フェリーは
それを機に新しい領域へと踏込み、やがて「フレッシュ+ブラッド」から「アヴァロン」へと至るような
素晴らしい過程を結果経ることになった。

  • どちらも82年の作品「アヴァロン」とマーヴィン・ゲイの「ミッドナイト・ラヴ」の影響について考察してみる。
    しかしなんのアイディアもない。棚上げ。