ドーナツ盤

なにせ孫引きだし、実際の事情はそう単純でもないのだろうが、先日リンクした
LP誕生からCD普及率100%まで、1954年のところを見ると
《 RCAとマーキュリーが78回転SPレコードを45回転EPレコードに替える 》のと、
エルヴィス・プレスリーが「ザッツ・オールライト・ママ」がデヴューしたのが同期している。
ドーナツ盤の誕生普及とヒットチャートの一般化、ティーンエイジャー文化の発祥、
そしてエルヴィスが映画に出る、ハリウッドへ行ったことと、
やがては映画産業を音楽産業の方が追い抜いてしまう、ということについて。
60年代、ハリウッドの衰弱と音楽革命、とかネ。
アメリカ音楽について考える以上はアメリカ映画史のことも気にしなきゃいけない、って話。
もちろんこれ以上は展開できない。思いついたこと並べてるだけ。