日記

ホワイト・ピープル』到着。
でもまだ来ないなあ。『中原淳一 2005年度 カレンダー』。
さきほど近場へ買い物へ行った際、車の中でいろいろと思いついた筈なのに全部忘れてしまった。
惜しいことをした。
バク天」で女の子がトースト咥えて「遅刻遅刻っ」と言いながら男の子にぶつかるのを実写で
やっていてうれしかった。おれも理想はあれだよなあ。恋愛っていうのはああいうもんだと
思ってたのになあ。中々ああはいかん。あとはいつもケンカばかりしてる子と山小屋に閉じ込められて、
まんじりともせず一晩明かしたいが、そもそも登山とか冬の最中に山の上へ行くような機会がない。
犬猫』観に行きたいが、行くとしてクリスマス過ぎだが、そうなるとレイトショーになってしまう。
タイムテーブル
それはちょっと厳しい。でもがんばれば行けるか。どーだろ。
でもガーリーなもんは観たいよなあ。
うちの近所も例の電飾、あっちでもこっちでもやってるが、あれって一体いつから何をキッカケに
拡がったんだろう?あとどうせやるなら過剰な上にも過剰、満艦飾(まんかんしょく)極まれり、っつうか、
もうこうなって来るとクリスマスもなにも関係ない、一体なにがしたいんだかわからない、
意味不明、ぐらいのレベルまでいって欲しい。そういう家、ないかなあ。
(あと音も出るといいネ。)
最近スヌープ・ドギー・ドッグドギー・スタイル』を勉強と思ってよく聞いている。
結構聞いちゃうけど、でもなんか音が重いんだよなあ。もうひとつ「スキ!」って感じになりきれない。
重いのが気になってしまう。プログレ?とかさ。P-Funkベースにしちゃ、しかし重い。ヘヴィーで。
もうちょっとがんばってみるよ。まだきっと修行が足りない。第一何度もリピートはしてるんだから、
いいとは感じてる。・・・けど重いなあ。もっと素直になって好きだって言おうよ、おれ。
でも重いなあ。・・・そんなことをつい気にしてしまう。イケナイ人ネ。
アイデン&ティティ』、どうせ感想書くなら「プロジェクトX」風に行きたいところだが生憎とそんな芸がない。
で、おれのロックと違ったが、それはともかく麻生久美子って、よくわからない。顔が捉えどころないし、
なんだろうなあ。ミステリアス、そういうウリ(売春のコト)なのかも知らんが、おれにはピンと来ん。
映画の中の役どころもなあ。ああいうおねーちゃんてどーなの。アレ、うれしいか?ううん。
大体ありがち自分捜しっ娘だもんなあ。「ほんとのわたし」なんて今朝起きてから寝るまで、
なにして過ごしたかひと通り思い出せば充分わかるってもんじゃないか。その程度のもんだよ。
自分なんてさ。大体。
つうか「自分捜し」って結局社会的成功を為したい、立身出世したい、ほんで私生活も
上手く行ったらお慰み、って話でしょ、なんのことはない。そりゃ誰でもそう思うよ。
蜷川実花みたいになりたい、とかさ。けど大概無理。泥臭い現実が待っているだけ。)
いい生活して、更にいい友人、異性、家族関係に恵まれたい、って。
(おれはいまとりあえずカネが欲しいけどな。あとは彼女。望みなんて大概陳腐。
でも人間には陳腐が必要。)
(一片のチリにしか過ぎないわたしの望むものは平凡極まりなく、満たされることはあまりない。
他人をうらやむばかりで気がつくと老年から死へと向かう。)
で、同じ『アイデン〜』に出てるんだったら、おれは平岩紙の方がいいナ。
(注意して欲しいが「平岩紙」を最初にキーワード登録したのはこの私であります。
ウォッホン。もちろんキッカケは「ロッカーのハナコさん」だよ。)