2004年ベストCD

After Hours

After Hours


今年はこれ。いま聞いてるから。あとはなにがあったか憶えてない。
昔のことはよく憶えてるけど最近のことは曖昧至極。(いや、昔のこともか。)
あとはカニエ・ウエストも今年だったんだっけ。
じゃ、
College Dropout

College Dropout


これがやっぱベストか。新譜なんておおよそ疎いのでこんな感じかしら。
ああ。あとそうだ、買っちゃいないけど、でも「ベストヒットUSA」で取ったPVは
保存してあるし、繰り返し観た、そんなわけでベストシングルはアッシャーの
Yeah

Yeah


(でもたぶんアルバム聞いたら、飽きちゃう。
この曲だけ跳び抜けてよいに違いない。つうか、興味持てない。
つまりはあれだ、アッシャーじゃなくて、リル・ジョンがいいんだよな。きっと。)
以上、今年は人並みにまとめてみたりした。単にいまなんとなく勢いがあったのでな。
id:jurrieさんとこの記事(ここらへん)読んでたら、なんかそんな気になった。
というか、リンク先のビルボードのスタッフが選ぶベストでJIM BESSMANて人が
Utadaの『Exodus』を挙げている(コチラ)のにちょっとクリビツテンギョウ。
顔が好み?それとも日本に明るくて親近感込みとか?あるいは関係者絡みとか?
ま、理由はなんでもよい。なんか見つけた、あ、おもしろいな、ってだけの話。
(ちなみにおれは聞いてない。デヴュー時に彼女に入れ込んでいたが、いまも好意は持ち続けて
暖かく見守っている昨今。聞いてなくても彼女のいまに至る活動に関して云う事は持ってるが、教えない。)
あ。いかん。肝心なものを忘れてた。(と、この調子でいくとキリがないが。)
New Danger

New Danger


なんつってもジャケットがカッコイイ。さすがに役者さん。メソッド・アクト(?なのかなあ。)
「ロック寄り」と聞くとつい警戒しちゃうけど、これはコモンの『Electric Circus
に続いてロックをやってるヒップホップとしちゃ最上等な一品。全然納得。
コモンのそれもモス・デフのこれも「大傑作!」というには少し弱いけれども、
そんな小さなことはどうでもよい。愛聴しちゃったもん。どちらも。