日記

先日の話をしよう。雪降る東京の話。
東京が近づくと窓の向こうは漸次雪模様になって来る。
いざ池袋で降りるともう雪。まるきり雪。
山手線のホームで降る雪を眺め少し強く吹く風に打たれしばらく待つ。高田馬場へ。
「すがきや」は思ったよりも駅から遠く、早稲田通りと明治通りのぶつかる交差点のところにあった。
まだ11時過ぎで空いていた。食い終わる頃にはだいぶん客も増えた。
で、290円、すがきやラーメン、初めて食した。これが噂の名古屋の味か。うむ。
安いのはいいね。ラーメン&ギョーザで490円。味はよかったゎ。新宿にも出来るといいのに。
甘味も置いて欲しいが、こちらじゃウケがわるいのか。やっぱり。
早稲田通りなんか歩くと20年前を思い出すが、ACTミニシアター、受付けの女の子と仲良くなりたいと
妄想したり、映画の前には立ち食いうどんで腹を満たして、当時、立ち食いうどんの店ぐらいしか、
中々おれには入れなかった、いつも自信がなかったのでそれ以外の店といっても気後れしがち、
入る前から緊張などしてしまい、あとカネもなかった、そそくさと食事を済ませ、映画へ。
早稲田松竹はまだあるが、おれは、あそこ、あんまし行ったことはない。
新宿。雪。当然雪。空気が冷えている。けれど雪眺めつ歩くおれは顔が綻んでしまう。
雪深い地方の人ならば雪なんざウンザリだろうが、関東地方、そうそう雪の降るでなし、
たまに、しかもこうも早い時期、12月の雪はめずらしい、降雪あれば、ついうれしい。思わず笑顔。
いや、文字通りニコニコしながら歩いているので、端からは気持ちのわるいやも知れない。
メガネ屋の銀座和真からのお誕生日おめでとうハガキを携え、誕生日自体は来月の27日だが、
プレゼントとして陶製タンブラーと交換。でも当分新しいメガネは買えない。
今度はおれも人並みにセルフレームでも装着してみようかとも思ってはいるが。
あとほんとはコンタクトってやってみたい。でもカネがない。のでお試しも中々実行出来ず。
いま掛けてるのは一年とちょっと前に購入したやつ。何色っていうのか、
緑色をずっとずっと抑えたような色合いのメタルフレーム
ちなみにおれのルックスはスーツっぽいものを着ると塾の先生みたい、である。
あとはTSUTAYAにCD返して、『オールド・ボーイ』のテケツを買って、歌舞伎町、コマ劇場の並び、
以前リキッドルームの入口のあった正面のロッテリアへ。
窓際の席は冷える。
おれの窓際じゃない方の席には机にうっぷして寝入っている男性がそれぞれ一人づつ。
ひとりはリーマン風、ひとりは茶髪の水商売系かしらと思われる風体。
2人とも寝ている。まるきり寝ている。朝まで仕事なりなんなりがあり、いまこうして
ロッテリアで暇(いとま)をとっているのか、だいぶん疲れているみたい。
こう寒く、歌舞伎町のこのあたりというと、何年か前、正月の一日にひとりで
北京原人』を観に行ったことがあった。
ギャグのつもりだったが、スベったそれで、寒いこと夥しかった。
しかしひとりで来ていたおれはまだいい。どうして来ちゃったのか、他にもいろいろやってるだろうに、
なぜか親子連れも数組。気まずかったであろう。いやな正月になってしまったに違いない。
しかし、正月とかクリスマスってのは大概雰囲気がわるくなるもんなのであって、
試練とも思えばそれでいい。そうして大人になり、またイヤなクリスマス〜正月を迎えるのだ。
そういえば歌舞伎町にスタバを作ってくんないかなあ。そうすると便利なのに。
まあいまは新宿へ行くことも少ないので、あれだが、
以前ところざわ在住で西武新宿線をもっぱら利用していた時分にはそうもよく思ったりした。
そうすりゃ新宿からの帰り、ちょこっと寄ったり出来るのに、とかね。
やがてともだち来着。シネマスクエアとうきゅうへ。
ここって云うと、おれが思い出すのは『フィッツカラルド』だ。
ヘルツォークとか好きじゃないけど、ここで観た映画というとこれ。
あと『フィッツカラルド』といえば、もうその時点で結構な歳だった
クラウディア・カルディナーレのきれいさと見事なおっぱい(服の上からね)。
映画は好きになれなかったけどね。
しかし今日のシネマスクエアとうきゅう、寒かった。ずっと寒かった。冷えた。
暖房が殆ど効いた気がしない。
映画は終わり、その後「DUG」でコーヒー。彼とはいつものコース。
その後ちょっとタワレコへ寄り、居酒屋。
たった1杯ワイン飲んだだけなのに、存外まわって、便所へ立ち、小便し終わったら、
一瞬気を失った。気がつくと便所の床にへたりこんでた。
ショック。こんなの初めて。
余程疲れていたのでしょう。ああ。それにやっぱりきっと歳なんだよな。まったく。
(あれっぽっちの酒であんなことになっちまうだなんて・・・・。そんなばなな、よしもとばなな。)