岩井俊二

花とアリス 特別版 [DVD]』を観る。
乳首の出ない大林映画、というフレーズを思いついたが、もう少しせっかくだからおもしろいこと
言ってみたいが、さしたるアイディアがない。ただ岩井俊二大林宣彦と違い、自身を客観視することも
出来ていて、しかしそれが故に、大林映画にあるような異様さには辿り着けない始末。
あとメチャクチャ上手い、とあらためて思った。時にCMみたいじゃあるけどさ。でも上手いったら、
もう完璧に上手い。しかもそれでいて、いやったらしくも、鼻につくようなこともない。
(でもなんか「騙されないゾ」って構えちゃって素直になりきれないんだよなあ。
そこらへんの感じをなんか上手に写し取ってみたい計画あり。)
つうか、あれだ、『Jam Films [DVD]』で観た広末主演のショート・ムーヴィーくらいしか、
岩井俊二、観たことないのであった。大体。