スターバックス

まだ10年なんだなあ。スタバ。
そういや店の外の看板に10年でどうのこうの、書いてあった。
そういうのって見てても、その時はああそうなんだとは思っても案外無頓着。
見て思った端から忘れてる。
便所行って、便器から腰上げるともう数々のアイディア、やるべきこと、さっぱり忘れてるのといっしょ。
あと新しいビルが建つと、前、そこになにがあったか憶えてなかったり。
なんかそういうのんが関係あるんだかないんだか、とりあえず思いついた順になんか書いてみた。
ええと。
そんで。
スターバックスの銀座に出来た一号店、当時、外から、これがそれかぁって見た憶えはあるんだけど
入ったかどうかの記憶が定かではない。
それでもって、その銀座店て、どれだ?
銀座、何店舗かあるしなあ。
ああいや、実際そこ行って、外観見れば、ああこれだっけ、ってわかるんだけど、
でも銀座自体、そう行くわけでもなし、どれがどれやらって以前に
どことどこにスタバがあるのか、そもそも把握してない。
けどなんかこの際一号店が気になる。
今日、そんで仕事の上がりも早かったし、車で行けるところに店があるので行ってみたよ。
(ケータイで調べたら、案外近くにあったんで)
おれんちからだと車で30分ぐらいかなあ。
だから上記は訂正で、その気にもなれば毎日でも行けない事はないが、
でもさー、違うんだよ、都心にあるそれじゃなきゃ意味ないんだよなあ。
おれは都会にいまいるんだ、って意識と、その感慨、それと客層が違って、
やっぱ都会の店の方がなんか漏れ聞こえる他人の会話にも興味が沸くし、
いろんな人がいる、って感じがして、なんかそれだけでもたのしいんだよな。
所帯じみてないっていうか。
生活レベルが高いっていうか。
おれ、やっぱそういうのに弱い。
これはもうどうしようもないくらい。
で、カフェミスト飲んだ。少し和んだ。
でもこれが池袋のいつもの店や、新宿だったらなあ、ってやっぱ思ってしまう。
それは単に場所ってだけじゃなくて、そういう生活ね。
東京での生活。仕事。
それがおれの望みだと尚更にわかる今日この頃。
あれだ、アトランタの空港にあるスタバに行ったことがあった。
外国だよ。アメリカじゃんか。すごいね。インターナショナル。
そんでもって、アイスラテかなんか頼んで、ガムシロ捜したら、ふつうの粉砂糖しかなくって、
ガムシロって日本固有の文化なのねとは前に数度は書いた筈。