メガネ男子

いまのおれはいい具合にメガネ男子で、モテそうな感じだ。見た目的に。きっとね。
いいじゃん、そんぐらい言ったって。いずれパッとしない生活なんだからさ。
身体も締まってるし。(けど昨今の飲酒がいずれ影響し始めたら、即断酒だ。)
色男、カネとチカラはなかりけり、だ。
ファッションは、あれだ、カネがないので、無印とユニクロの組み合わせ。
それにメガネは銀座和真オリジナルブランド「CAKE ?」で、レンズのフチは黒で、
つるが何色、これは?茶の薄い明るい感じの色で、デザインもよろしいと思う。
あと頭髪はQBハウスで1000円で単にカットしてるだけだが、ハンチング着用で、
帽子の効用、帽子かぶってるだけでなんとなしオシャレに見えなくもないという。
ちなみに今日のお出かけにはこげ茶のジャケットの下に白いシャツ、下はジーンズ。
あと青いマフラー。
それに大きくはないショルダーバッグ、青い地に白い線が入ったもの。
これが果たしてイカしてるかどうかは本人にはわからない。
そんなおかしかないとは思うんだけどなあ。少なくとも。
そう思いたい。
でもあれだよな、実のところ婦女子は大概、男子の見た目、まして着てるものなんか、気にしてはいない。
女の子ってさ、実際そんなファッションとかうるさくはないよな。男のそれに関しては。
それに惚れてればアバタもエクボだしさ。
なんだっていいんだよ。
ファッションの要は他人にどう映るかじゃなくて、自分に自信がもてるかどうか、みたいなもんだ。
都会や婦女子の面前でアガらないでいられるように。
大体さ、女の子だって自信ないんだから。大概は。
強気に出たもんがちですよ。つまりは。