ブロークバック・マウンテン


そうだ。これを見たんだった。
すげよかった。ずっと泣いてた。見終わっても思い出しては泣いてた。
誰かを好きってどうしようもないことだ。身勝手でズルくて。でも本気で。思いはぶつかり擦れ違い触れ合い離れまたぶつかり。
2人の、その他の人たちの着てるものがよかった。なんだかいろいろセツナカった。おれにも愛がある。いくつか。擦れ違ったり、あまいあまい時間も少しはあったし、一瞬で終わってしまうし、ばかみたいに同じ場所にまた行ってしまう。
あんな風にキスするよね。あんな風に。あんな風に悲しい顔するよね。あんな風に。
キスしたい
愛があって恋があって親がいて子がいて男がいて男がいて女がいて男がいてみなそれぞれに思いがあって、愛なんて身勝手で傷つけて傷つけられて思いは届いて届かなくてセックスは2人を結びつけけれど会ってはいない間好きな相手は他の誰かと寝ているのかも知れず結婚は愛で、でもまた違うなにかで
"Love Hurts"
なんだか自分のことや自分の親のことやその他知っている人のことなどいくたりか思い、なんだかいろいろ、ううんそんないっぱいのこと考えちゃいなかったと思う、けど思った。いくつか。
http://tinyurl.com/3cjamp
ブロークバック・マウンテン」はなんかそんなわけで、映画見ながら、見終わったあともいろんな人のことなど、つきあいの少ないおれには思い浮かべる人たちは少ないけれども、でもいろんな人のこと考えた。
ほんとはもっとちゃんと感想書きたいけど、余すところなく思ったこと書きたいとか表現したいとか欲が出て書けなくて、こうして半端にことばをならべる次第てゆーかべつにまとまったことが書きたいんじゃなくて思ったこと感じたこと全部書きたくてけど大半忘れたし。元々少しだったのかも。
衣装がすごくよかった。「ブロークバック・マウンテン」 それだけはゆいたい。けどファッション用語とかにはまったく疎いのでそこいらを記述表現できないのが歯痒い。もどかしい。いつでもそう。鹿の肉がバッと赤くいっぱい吊り下げてあるのはよかった。けど。食い物の話。
愛なんてさほんと愚かだよ。他人から見たら、なんで?みたいなもんでさ。ほんとばか、おろかしいにもほどがある。この映画なんてみんなしてメソメソしてんだぜばかだよばかほんとばか(めそめそしながら書いてます)
めそめそする以外、ぼくになにができる?
「ブロークバックマウンテン」のキスシーンはほんとよかった。セツナかった。胸がキュンとした。