ゴダール

Anna Karina - Ma ligne de chance

ジャン=リュック・ゴダール フィルム・コレクション [DVD]

ジャン=リュック・ゴダール フィルム・コレクション [DVD]


で、ゴダール・コレクション購入し「気狂いピエロ」見てその画像の鮮明さにビックリしたりしていたが、けれど字幕が。。。
だってラスト、ランボーの引用になってないんだぜ?そんなんアリ?
あと「詩人のリボルバー」とかいうのがあって、それって「拳銃の名前を持つ詩人」じゃなきゃ意味ないじゃん。ブラウニング。
しかも拳銃の方のブラウニング、リボルバーでさえないという。。。→http://tinyurl.com/6r4ge9
リボルバー

リボルバー


あと「レーニンの思想を」とか言う字幕もあって、それって「レーニン全集を」云々じゃないとなんか味気ないょ。
こうなってくると鮮明だとばかりに喜んでいた画像もなんだか明るすぎるような気さえして来て。
あーもー。
オマケのディスクが一枚ついてるし、お値段もお手ごろでいい感じなのに、字幕に問題がアリじゃ、いったいおれはどうしたらいいの?
なんだかさみしいじゃん。
こうなると「気狂いピエロ」だけじゃない、他3本の方も字幕、信用できなくなって来る。
もやもやするよー!
(しかも字幕、誰が担当してんのか、わからない。画面に「字幕:誰々」とかって出て来ないし、日本版制作スタッフの名前も出て来ない)(おれが見落としてるだけか知らんが)
大大大好きな「気狂いピエロ」、ようやっとレンタルじゃなし、買って手元に置くことにした、っつのに、これじゃ。
あれか、ビデオ版見とけってか。(ビデオは持ってる。DVDは今回初)
ランボー詩集 (新潮文庫)

ランボー詩集 (新潮文庫)