今年を振り返る

Anita Baker - Caught Up in the Rapture
疲れているけど、たぶん精神的なものが大きいのだろう。心が昂揚するようなことはここのところ長らくない。するとくたびれっぱなしだ。
若干、気持ち、それでも生活を変えようとして、こうしてはてなに書いてみたりしている。ここ数日。しばらく。それにまた読書なんてものもしたしな。すっげひさしぶりに。「ヒップホップ・ジェネレーション」で。
あと「ガメラ」も見たし。iPodに手持ちのCD突っ込んだりしたし。それずっとやってなかったんで、入ってるとばっかり思ってるもんが案外入ってなかったりした。本読んだんで「プラネット・ロック」でも聴くかぃ、と思ったら入ってねーでやんの。iPod。あれま。そんなんが結構あって、2〜30枚くらい入れた。一時はさすがに熱心に入れちゃいたが、あるときから止まり、それきり。どれ入れてどれ入れてないか、わかんないし、そうするとメンドウさに拍車が掛かり、今日に至る、と。
そんな中、レッチリの「Blood Sugar Sex Magik」とかも入れてないのを思い出し、入れる。

Blood Sugar Sex Magik

Blood Sugar Sex Magik


レッチリってこれしか持ってないし、聴いてもいない。それにこのアルバム買ったのはべつにリアルタイムとかじゃない、その昔バリ島へ行ったときにカセットで買ったんだった。まー、それじゃーよく聞いた。ウォークマンだな。当時は。
RHCP - Give It Away
ああそれで。今年を振り返るんだった。
振り返ってばかりの人生でした
今年の特徴としては映画が見れるようになった。これはつい先日も書いたが、まーそう。
あとそう、今年の8月でHP開設依頼10周年で、それでこの10年の自分のネットingを書こうかと目論んでおったんじゃが、なんとなくメンドウlikeなあれで、ぼんやりと延ばし延ばししてるうちにもう12月半ばってこと。
これはでもやっぱ書いときたいよなー。この10年のネットな歩み。10年ですげー変わったもん。おれもネットも。すげー。変わった。
トム・クルーズと同い年のおれだが、疲れてる。
あーそーだ。そんなパッとしないプライヴェートだったけど、休み少ないし、そんな中でサマソニ行ったのと神戸行ったの、この2つは今年の2大イヴェントだったなー。行ってよかった。行けてよかった。よかったよかった。
なんだかもっといっぱい書くことあるはずだけど、もう思いつかない。いまは。