YouTube

小沢健二/戦場のボーイズ・ライフ
何年か前までこれとか一連のオザケンのシングル(アルバム未収録)は持っている人以外には幻で、中古だので買おうとすれば大体ないし、あっても大層な値がついていたりもしたが、YouTubeの御蔭でこうして気楽に聴けてしまう。「ある光」なんかYouTubeでいったい何十回(ほんとうは何万回)見、iPodにMP3で落として何度聞いたことかは。
YouTubeの如何に画期的であるか、あったものかは。実際にはその音楽を聞いてネットでのオシャベリをするってゆーのはなんだかずっと待ち望んでいたことなんだ。ぼくらは。ヤングハートなぼくらは。ヨモクボ。