マーヴィン・ゲイ

That's The Way Love Is- Marvin Gaye
♪ One Day Gladness / Next Day Sadness

Mpg / That's the Way Love Is

Mpg / That's the Way Love Is


帰宅すると本が届いていた。
マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル (P‐Vine BOOKs)

マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル (P‐Vine BOOKs)

  • 作者: デイヴィッド・リッツ,吉岡正晴
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2009/05/28
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る

夕食も済ませ、スタバへ。

とりあえずまえがきと訳者あとがきに目を通した。
おれがこの本、原著を読んだのはおおよそもう20年は前だ。ずっと翻訳が出るの待ってた。ようやくだ。
おれがマーヴィン・ゲイを(ちゃんと)知り、聴いたのは聴くようになったのは彼が死んでからだ。名盤ディスクガイドの案内に従い素直に「What's Going On」を買い、繰り返し聞き、次にまた素直に「Let's Get It On」を買い、マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルの「United」を買い、あれを買い、これを買い、いつか上記の本を読み、そうこうするうち、おれにとってマーヴィン・ゲイはとくべつなとくべつな存在になっていた。それより前に彼を聞いたのは渋谷陽一が彼のラジオで数度に渡り(大体渋谷陽一はある種のミュージシャンにつき、いつも同じ曲ばかりかける傾向があった)「セクシャル・ヒーリング」と「I Want You (intro jam)」(いきなり曲が終わっちゃう方)を掛けていたのを憶えているくらいで、当時関心はなかったんだ。
Marvin Gaye-I Want You (Intro Jam)