1Q84

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1


1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 2


スタバではそして「1Q84」を少し読んだ。BOOK2の前半部分。おれにしてはすらすら読める。本なんてほとんど読んでない、読めないでずっと来たのに、なんか今回は勢いづいてる。読むのにそれほどに抵抗がない。なんだかずっとだめだったんだ。本、読むの。構えちゃって。活字を追うことではなく、読む時間をつくることができなかった。ずっと。時間がないとかじゃなくて、本となると、止まってしまうのだ。読みに取り掛かるのが。
「1Q84」はでも、村上春樹のファンじゃぜんぜんないし、先般の「海辺のカフカ」とかにだってまったく興味もなかったのに、なんだか今回、ふいと読みたくなってしまい、買ってしまった。しかもちゃんと読んでる。どうしたんだろう?本屋では早速に売り切れだし、たいへんなベストセラーで、おれは今回勘が働いたのか、早々に購入、手に入れることもできている。これがきっとベストセラーのマジックなんだろう。ふだん村上春樹なんか読まない、大体、なんによらず本さえ読まないおれが、内容も知らないのになんとなく買ってしまう。売れるもののひみつはわからない。理由なんかどうせ後づけだ。