お出かけ

Terence Trent D'arby--Who's Loving You

Introducing the Hardline According to Terence Trent D'Arby

Introducing the Hardline According to Terence Trent D'Arby


休みの日、甥っ子たちとお出かけしたいが、彼ら、べつにそんな「どっか行く」ってのに興味ないんだよな。「どっか行く」よりも家(うち)の近所で近所の子らと水掛け合ったりしてる方が遥かにたのしい。そりゃそーだ。出かけたいのはどっちかったら、おれの方なくらい。でもおれとか疲れちゃってるから「どっか行く」って発想んなっちゃってて、がぁーっと彼らとじゃれるのが出来ないのが悲しいところ。まー恥ずかしいってのもある。照れちゃう。とはいえ、なんとなくおれの部屋でおれといっしょにいてTVとか見てて、きっとでもそれでもいーんだよな。「なんかしなきゃ」って思っちゃうのは貧乏性。彼らには充実した時間がおれがなんか特にしなくとも流れてて、体験真っ最中で、おれはそのおこぼれに預かれれば、彼らのそばにいられれば、まーそれでいーんだと思うゎ。の。