さくら

リフレインが叫んでる/松任谷由実

桜とか興味ないんだよねー。桜に限らず花とか見てもなにも感じない。というか花だけ取り出して、特になんか思ったりとかがなくて。なんでもいいんだけどさ、目の前にあるもの、目に映じるものに感じることは、けどままある。それはもうなんでもいいんだ。気が乗ればあらゆる事物景色、その目に映じるものをどの大きさで切り取ろうと、どの角度から観ようと、その折々で、ともかくも感じる。ぼくの目がクリトリス。
世にはレトリックってのがわからない人がいて、いちいち説明の要があるのかと思ってもしまうが、あとテキトーな物言いってのも理解されづらいし、意味のない思いつきとか、けどでも気にせずゆければそれがいいゃ。
30年前、高校を卒業したばかり、18歳になって間もないころに戻りたい。
メガネはいまんところ、中景が見えづらい気がしてる。
花見ってしたことない。ともだちとかネットはじめるまで、35歳とかそんぐらいまでほぼいなかったし、いるようになってからもそういうノリで、仲間で集まって、みたいなのがなかったもんで。自粛しっぱなし。
花見をするのが割とあたりまえな人=リア充、って定義はどうでしょうか。(どうでしょうかってゆわれても)
ボランティア行ってみたいって思ってる。けど休みがないので。もっと余裕のある仕事がしたい。休みがこんなにないのはちょっと。
ヴォランティアとかしたいな。(日常を離れたいだけ。けどまあべつに立派な心がけじゃなくともよぃ) 
義弟は向こう(アメリカ)でホットドッグなんか売って義援金集めとかしてくれたみたい。
彼の姉さんからはさらに「そっちがたいへんだったらジョージアにいつでも来ていいのよ」ってメールくれた。
おれは被災とかしてるわけでもないけど、うれしーじゃないか。人の情は。いいもんだぜ。おれはそういうもんしか信じない。
妹もずいぶん不安だったり心配だったりみたいで、向こうにいるときっとこちらの様子もわからず、より不安感が強いのだろう。
おれはでもただ自分の生活をだらしなくつづけてゆくだけで、いつもよりもより感傷的になり、とりとめもない。
山谷のカフェ・バッハは行ってみたい。(「アド街」でやってた)
http://www.bach-kaffee.co.jp/
疲れているのに夜更かししてしまう。そしてなにをしてるかと言えばネットだ。目にもからだにもわるい。寝不足などは精神の調子にもわるい。わるい三連発だ。
涙がこぼれる川がながれる

アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ)

アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ)


コレ↑買った。おもしろそう。
ずっと歯医者行ってない。もう何ヶ月かな?それまでは毎月1〜2度は必ず行ってたのに。仕事が忙しくて2、3度スッポカしてしまってから行かなくなっちゃった。また行きたい。歯磨きしたい。点検したい。点検怠りなく。

カウンセリングっていうとウッディ・アレンがソファ(?)に横たわってる姿が思い浮かぶ。カウンセリングはW.アレンのために発明されたと思しい。
ふだん政治のこととかあまり関心もない層に限ってむしろ選挙には行くよねー。え?この人、選挙とか行くんだ!?って思わされたこと何度もある。
というか、本当に自分のことだけしか興味がなくて自分の世界だけに埋没してる人って逆に滅多にいるもんじゃないよね。そもそも。世間の中で生きてる人は世間並みのこと、つまり選挙には行く。
知り合いの二十代前半の若い子は選挙前に「今回の選挙、石原にしたんです」ってゆってた。若い層が投票すればって話もあるけど、まー現実そんなもん。てゆーか投票率上がれば上がるほど石原ブームみたいんなるよなぁ。それとあと、若い層がっていうついでに年寄りdisすんのはヤメテ☆ つか「若い力」を信じ過ぎだよ。
年寄りを排除すべし、みたいな論調が感じられて、なんかさー。ねー。おかしくない?それって。
あとデモとかは特にそうだけど「気の合う仲間で\(ワイワイ)/」ってのにそもそも疑問を持たないのがわかんない。仲間以外の人たち、石原に投票した人たちとサシで話をする、コミュニケーションをとる、そういうことをこそすべきじゃないの。石原や原発に代表されるものは「ディスコミュニケーション」なんだから、「DQN連中」「年寄りども」みたいに一括りにして口も聞かないんじゃなくて、まったくその逆をこそ。議論を挑むって意味じゃないよ。いっしょに生きなきゃ。
そして魔法はなく、あらゆることばはおまじない。
うんこを「したい」って言うけど別に「したい」わけじゃないよな。出るから仕方ないするだけ。別に意志じゃない。いつもそこが気になる。