読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安藤サクラ

俺たちに明日はないッス』を見たッス。


だめだ。安藤サクラがよすぎる。彼女が目的でこれを見たが、見てよかった。おれの見たい安藤サクラが見れた。それで満足。彼女のセリフ表情仕草いずれもすばらしかった。映画自体はタナダユキなので物足りなくもあるが、ケチなことはいうまい。時間が70分程度と短いのはよかった。最近の映画は上映形態のせいもあろう、あるいは撮影技術も関係するのか、どうしても長い。短いのが向いてるはずの作品も長い。あーそんな辛気臭いことよりも、
安藤サクラ
安藤サクラ
安藤サクラ
彼女はしかしなんであんないいんだろう。いいからいいのだ。自明の理なのだ。タナダユキの演出以上のものを彼女は演じている。「愛のむきだし」では監督のコントロール下にあるとは思われるがしかしそれを超えてありあまるものがそこにはあり、彼女には惚れてしまう。メロメロである。