中原淳一

展覧会観にゆきました。お金がなかったので絵ハガキを2枚だけ買って来ました。
いなかの村で、小さな町で、あるいは貧しい生活の中で、中原淳一の描く
少女や女性、衣装に憧れ夢を見ていたかつての女の子たちのことを思いました。