日記Pt.5

これはでもなんの間違いなんの悪夢ささいなそれも昼間に布団敷いて見るうたたねの悪夢じき覚めるはずだってつまんないものはなしのタネにもなりゃしない、ってか起きた途端に忘れるわるい夢、気の利かない夢、はるかにださい地へ