ラスト、コーション

ラスト、コーション [DVD]

ラスト、コーション [DVD]


ラスト、コーション」評でファックシーンがあんな要らないとか、アクロバティックすぎるとか、心理戦だとかっての見ると、おれとは見方違うなーって思う。おれにはセックスと愛の区別がつかないし、セックスそのものの胸にせまるそれについての映画だもの。「ラスト、」も「ブロークバック〜」も。

以前書いた「ブロークバック・マウンテン」の感想→http://d.hatena.ne.jp/andre1977/20080224#p2
そんで、タン・ウェイが映画見て泣いてるって「女と男のいる舗道」でアンナ・カリーナが「裁かるるジャンヌ」見て泣いてるあれかなー?って映画見てて思ったけど、いやそれはベタ過ぎとかちょいと引っ込めたけど、いま思うとまんまそうだったんだなー。
意外と「中国女」に言及してる人がほとんどいない(おれ調べ)。
てかほんとはね、セックスについて書きたかったんだけど、アイディアがなかった。おれのチョー好きな「ブロークバックマウンテン」とも絡めてアン・リーのラヴシーン、ファックシーンについて書きたかったけど、ノーアイディア。
それでいくつか感想見て回った中、一番しっくり来たのがコレ↓
http://d.hatena.ne.jp/kinut/20090103/p1
セックスや恋愛についての考察があるし、おれがノーアイディアで書けなかったんで、なんか読んで助かった。代わりに書いてもらったっつうか。そりゃおれがぼんやりと考えてるまんま、ってんじゃないけど、でもこういう愛とセックスの部分について誰かに触れて欲しかったし、触れたかったんだもん。おれは。
女と男のいる舗道 [DVD]

女と男のいる舗道 [DVD]