ガメラ

GyaOガメラやってたんだ。2本見た。「ガメラ 大怪獣空中決戦」と「ガメラ2 レギオン襲来」。

ガメラ 大怪獣空中決戦 [DVD]

ガメラ 大怪獣空中決戦 [DVD]


ガメラ2 レギオン襲来 [DVD]

ガメラ2 レギオン襲来 [DVD]


両方ともそんな集中して見てたわけじゃなくてよそ見しながらだったけど。
両方とも前に見たことある。それで。
ギャオスの出て来る「ガメラ 大怪獣空中決戦」は95年なんだよなー。なんだかちょっと感慨深かった。べつに95年が特にどうとかってのはないんだけど、なんかその頃、おれどんなだったかなーとか考えて。なんとなく。それほどたいしたことはないんだけど、でもさ。
95年てでもまだ80年代の残滓があるのね。映画に出て来るTVのキャスターの服が若干、肩パッド入ったっぽい感じになってるし、それに最後の主題曲が爆風スランプ宇多丸じゃないよ!)。80年代後半ぽい。ぅう。
この映画だと中山忍がすごくいいんだけど、でもその後、それほどパッとしなかったなあ、彼女。
かわいいとかもあるけど、華があるんだけどなあ。でもあんまり。恵まれなかったんだろう。作品とかに。残念。逸材だと思う。
金子修介って、かわいい子使うんだけど、服装とかださいんだよねー。単に監督自身、センスがないってのもあるだろうけど、そういう野暮ったい感じがきっと監督の好みなんだろうなって思う。
あとドラマの作り、演技がとってつけたようで、観念的というか、どこか野暮なんだけど、でもきらいじゃない。男の子の作るドラマ、みたいに思う。マンガというか、特撮モノっぽい(特撮なんだけどさ、でもなんていうか、ウルトラマンでもなんでも、そういうのに共通する芝居ってのがあるじゃん)(上手く言えねー)なーっていうか。このへん、もっと繊細に語れればおれも気が利いてるんだけど、それができない。なんとなく感覚的にしか言えない。限界。
爆発シーンとか、重みがあって見てて快感がある。特撮は素晴らしい。いまにくらべればCGだってそれほどじゃーないわけで、当時、それを思うとミニチュアと合成ですごくよく出来てる。
CGの割合とか、わかんないけどさ。ガメラ
いまはもうふつうのドラマでもすげーアタリマエにCG使ってっからね。TVドラマだと空なんかほぼCGなんじゃね?いまって。テキトーに言ってっけど。それに合成部分なんかわかんないし。いまは。95年じゃ、まだまだだよなー。その点。CG。